ロリポップ!WordPress wp-config.phpファイルの確認方法

WordPressのファイルやフォルダの削除をおこなっていない場合、WordPressのwp-config.phpというファイルから連動をおこなったデータベース名を確認することができます。削除をおこなうデータベース名がわからなくなった(不明)場合の確認手段の1つです。

WordPressのwp-config.phpを確認するまでの手順をご紹介します

ロリポップにログインをおこなってユーザー専用パネルのサーバー管理・設定からロリポップ!FTPにログインをおこなってwp-config.phpを探します。

手順1:ロリポップ!レンタルサーバーアクセスをしログインにマウスのカーソルを合わせます。

手順2:マウスのカーソルを合わせると3つの表示がされますのでユーザー専用パネルをクリックします。

手順3:ロリポップ!に申し込んだ際のアカウントとパスワード、ロリポップドメインを選択しログインをクリックします。

手順4:サーバー管理・設定にマウスのカーソルを合わせてロリポップ!FTPという表示をクリックします。

ロリポップ!FTPにログインをおこなったらwp-config.phpファイルを探すことになりますが、下の項目ではロリポップ!ドメインの利用をおこなった場合、独自ドメインの利用をおこなった場合の条件ごとにwp-config.phpファイルを探す方法をご紹介しています。

ロリポップ!ドメインを利用した場合のwp-config.php

(条件1)ロリポップ!ドメインにWordpressのインストールをおこなった際に「入力は任意です」という部分を空欄にされてインストールをおこなった場合は、

手順1:ロリポップ!FTPにログインをおこなった直後に表示がされるディレクトリトップにwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

(条件2)ロリポップ!ドメインにWordpressのインストールをおこなった際に「入力は任意です」という部分に記述(indexやWordpressなどの文字入力)をされてインストールをおこなった場合は、

手順1:ロリポップ!FTPにログインをおこなった直後に表示がされるディレクトリトップにWordPressのインストールをおこなった際の「入力は任意です」という部分で入力をおこなった文字でフォルダが作成されています。

こちらでは(例)としてindexフォルダが作成されています。(例)indexフォルダをクリックしてください。

手順2:(例)indexというフォルダの中にwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

独自ドメインを利用した場合のwp-config.php

(条件1-1)独自ドメイン設定時に公開アップロードフォルダ名を空欄にし
(条件1-2)WordPressのインストールをおこなった際に「入力は任意です」という部分を空欄にされてインストールをおこなった場合は、

手順1:ロリポップ!FTPにログインをおこなった直後に表示がされるディレクトリトップにwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

(条件2-1)独自ドメイン設定時に「公開アップロードフォルダ名」を空欄にした後に、
(条件2-2)WordPressのインストールをおこなった際に「入力は任意です」という部分に(indexやWordpressなどの文字入力)をおこなっている場合は、

手順1:ロリポップ!FTPにログインをおこなった直後に表示がされるディレクトリトップにWordPressのインストールをおこなった際の「入力は任意です」という部分で入力をおこなった文字でフォルダが作成されています。

こちらでは(例)としてindexフォルダが作成されています。(例)indexフォルダをクリックしてください。

手順2:(例)indexというフォルダの中にwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

(条件3-1)独自ドメインの設定の際に「公開アップロードフォルダ名」(ドメイン名やindexなど)を入力された後に

(条件3-2)WordPressのインストールをおこなった際に「入力は任意です」という部分を空欄にされてインストールをおこなった場合は、

手順1:ディレクトリトップに「公開アップロードフォルダ名」で入力をおこなった文字でフォルダが作成されています。こちらでは(例)としてexceed-all.siteフォルダが作成されています。(例)exceed-all.siteフォルダをクリックしてください。

手順2:(例)exceed-all.siteというフォルダの中にwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

(条件3-1)独自ドメインの設定の際に「公開アップロードフォルダ名」(ドメイン名やindexなど)を入力された後に

(条件3-2)WordPressのインストールをおこなった際に、「入力は任意です」という部分に(indexやWordpressなどの文字入力)をおこなった場合は、

手順1:ディレクトリトップに「公開アップロードフォルダ名」で入力をおこなった文字でフォルダが作成されています。こちらでは(例)としてexceed-all.siteフォルダが作成されています。(例)exceed-all.siteフォルダをクリックしてください。

手順2:WordPressのインストールをおこなった際の「入力は任意です」という部分で入力をおこなった文字でフォルダが作成されています。

こちらでは(例)としてindexフォルダが作成されています。(例)indexフォルダをクリックしてください。

手順3:(例)indexというフォルダの中にwp-config.phpファイルがあります。wp-config.phpファイルをクリックしてください。

wp-config.phpの内容からデータベース名を探します

手順1:wp-config.phpファイルをクリックされたらファイルの内容が表示されます。画像のように下に移動してください。

手順2:MySQLデータベースのユーザー名という下にデータベース名が表示されています。例としてLAA115632というデータベース名が表示されていますので、削除をおこなうデータベース名はLAA115632となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました