ロリポップ!条件ごとのWordPressの削除方法を紹介

ロリポップ!レンタルサーバー Wordpressの削除について

ロリポップ!ドメインもしくは独自メインのWordpressの削除方法についてご紹介しています。Wordpressの削除方法は大きくわけると(1)Wordpressのインストール時に設定をおこなったデータベースの削除と(2)Wordpressのフォルダとファイルの削除になります。

phpMyAdminを利用してデータベースの削除をおこないます

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザ専用パネルにログインをおこなってサイトツール作成からWordpressのインストール履歴で削除をおこなうデータベース名の確認をおこないます。

その後にデータベースの一覧から削除をおこなうデータベース名をクリックしphpMyAdminで表示がされている削除をクリックします。WordPressのインストール履歴を削除された方はWordPressのwp-config.phpファイルからデータベース名を確認することができます。

手順1:ロリポップ!レンタルサーバーアクセスをしログインにマウスのカーソルを合わせます

手順2:マウスのカーソルを合わせると3つの表示がされますのでユーザー専用パネルをクリックします。

手順3:ロリポップ!に申し込んだ際のアカウントとパスワード、ロリポップドメインを選択しログインをクリックします。

手順4:ユーザー専用パネルの左の項目からサイト作成ツールの表示にマウスのカーソルを合わせてWordPress簡単インストールをクリックします。

手順5:WordPress簡単インストールというページの下に移動します。

手順6:WordPressのインストール履歴には今までインストールをおこなったロリポップドメイン、もしくは独自ドメインと利用データベース名とテーブル接続辞が表示されています。

削除をおこないたいロリポップ!ドメインもしくは独自ドメインと関係があるデータベースを確認されてください。

以前、他の方がこちらが説明のために公開をおこなっていた実際のデータベースのユーザー名でロリポップレンタルサーバーにログインをおこなおうとした方がいらっしゃったようでメールで通知がきました。そのためデータベース名などは架空の名前を利用して説明をおこないます。

今回は例としてhttp://exceed-all.site/index/にWordpressのインストールをおこなった際に割り当てられたデータベース名:LAA115632-aeUR23の削除をおこないます。

手順7 :ユーザー専用パネルからサーバーの管理・設定にマウスのカーソルを合わせて表示されたデータベースをクリックしてください。

手順8:データベース一覧から削除をおこなうデータベースを探します。

手順9:データベースの削除をおこなうと復旧できませんのでデータベース名はきちんと確認してください。該当するデータベース名が見つかったら操作をするをクリックしてください。

例としてLAA115632-aeURb23というの右の操作をするという表示をクリックします。

手順10:データーベース削除という表示をクリックします

手順11:OKという表示をクリックしてください。

手順12:これでデータベースの削除が完了しました。今回のデータベースについてはWordpressで投稿をおこなった記事内容のみが記録されています。

WordPressのフォルダおよびファイルの削除をおこないます

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー専用パネルにログインをおこなってサーバー管理設定からロリポップFTPにログインをおこなってディレクトリもしくはサブディレクトリからWordpressのフォルダとファイルの削除をおこないます。

手順1:ロリポップ!レンタルサーバーアクセスをしログインにマウスのカーソルを合わせます。

手順2:マウスのカーソルを合わせると3つの表示がされますのでユーザー専用パネルをクリックします。

手順3:ロリポップに申し込んだ際のアカウントとパスワード、ロリポップドメインを選択しログインをクリックします。

手順4:ユーザー専用パネルの左の項目からサーバーの管理・設定にマウスのカーソルを合わせて表示がされたロリポップ!FTPをクリックします。

手順5:ルートディレクトリとはストレージ(外部記憶装置)の内容を整理するファイルシステムにおいて、装置やシステム全体の最上位のディレクトリです。*単純に言えばフォルダやファイルを入れる空間です。

ロリポップ!に申し込みをおこないWordPressのインストールをおこなっていな状態のルートディレクトリの状態ではwelcome.htmlというファイル以外はありません。

welcome.htmlはご自身のアカウント名とロリポップ!ドメインでホームページの作成を想定した場合のトップページの代用ファイルです。

手順6:以下が削除をおこなうWordpressのフォルダとファイルの名前です。

(1)他社のレンタルサーバーに移転をおこなう場合は公開アップロードフォルダごと削除をおこなってwelcomeファイルのみが表示される状態にされても問題ありません。

(2)WordPress自体を閉鎖されたい場合も公開アップロードフォルダごと削除をおこなってwelcomeファイルのみが表示される状態にされても問題ありません。

(3)残したいファイルやフォルダがある場合、残すWordpressがある場合、Wordpressのフォルダとファイルの位置がどこにあるのか詳しく知りたい場合は、Wordpressのインストールをおこなった際の条件ごと6通りの説明と削除方法をご紹介していますのでご覧ください。

(A)ロリポップドメインを利用した場合の条件とフォルダとファイルの位置
ロリポップ!ドメインにWordpressのインストール時に「入力は任意です」という部分が空欄の場合

ロリポップ!ドメインにWordpressのインストール時に「入力は任意です」という部分に文字を入力した場合

(B)独自ドメインを利用した場合の条件とフォルダとファイルの位置
独自ドメインの設定時の「アップロードフォルダ名」を空欄にし、Wordpressのインストール時に「入力は任意」ですという部分が空欄の場合

独自ドメインの設定時の「公開アップロードフォルダ名」を空欄にし、Wordpressのインストール時に「入力は任意です」という部分に文字を入力した場合

独自ドメインの設定時の「公開アップロードフォルダ名」を入力し、Wordpressのインストール時に「入力は任意です」という部分が空欄の場合

独自ドメインの設定時の「公開アップロードフォルダ名」を入力し、Wordpressのインストール時に「入力は任意です」という部分に文字を入力した場合

WordPressのフォルダとファイルの名前
wp-admin(フォルダ) <DIR> 755
wp-content(フォルダ) <DIR> 755
wp-includes(フォルダ) <DIR> 755
.htaccess 610 644
index.php 405 644
license.txt 19915 644
readme.html 10083 644
wp-activate.php 7165 644
wp-comments-post.php 2328 644
wp-config-sample.php 4068 644
wp-config.php 4078 400
wp-cron.php 3939 644
wp-links-opml.php 2496 644
wp-load.php 3900 644
wp-login.php 45463 644
wp-mail.php 8509 644
wp-settings.php 22297 644
wp-signup.php 31693 644
wp-trackback.php 4747 644
xmlrpc.php 3236 644

こちらのWordpressはロリポップレンタルサーバーのハイスピードプランで運営をおこなっています。
お試し申込みをおこなうためロリポップ!レンタルサーバーへ
お試し申込み後に10日間以内に料金をお支払にならない場合は自動解約となりますので安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました