未分類

WordPressのプラグインAll-in-One WP Migrationでインポート方法

WordPressのプラグインAll-in-One WP Migrationを利用してインポートをおこなう方法

All-in-One WP Migrationというプラグインを利用してインポートからファイル(固定記事、投稿記事、固定記事内の画像、投稿記事内の画像)の取り込みをおこないます。違う言い方だと移転もしくは移す作業です。

エクスポートについてはWordPressのプラグインAll-in-One WP Migrationエクスポート方法
というページで説明をさせていただきました。

インポートとは、輸入する、取り込む、持ち込む、などの意味を持つ英単語で、あるソフトウェアが、他のソフトで作成されたデータやファイルを読み込んで利用できるようにすることを指す。対義語はエクスポート(export)で、ソフトウェアが自らの固有の形式以外の形式(汎用形式や他のソフトウェア固有の形式)でデータを書き出したりファイルを保存することを指す。インポート(取り込み)とは – IT用語辞典 e-Words

(1)他社のレンタルサーバー同士でも問題はありません
(1-1)例としてロリポップ!レンタルサーバーのWordpressからエクスポートをおこなってエックスサーバーのWordpressへインポートをおこなっても問題はありません。

(1-2)例としてエックスサーバーのWordpressからエクスポートをおこなってロリポップ!レンタルサーバーのWordpressへのインポートをおこなっても問題ありません。

(2)違うドメインにインポートがおこなえます
(2-1)独自ドメインのsslL化WordPressのssl化表示設定パーマリンク設定を(例)https://rewarding-rim.comでおこなっていた状態でエクスポートをおこなった場合は

(2-2)インポート先の独自ドメインのsslL化WordPressのssl化表示設定パーマリンク設定を(例)http:/exceed-all.siteでおこなってから(2-3)(例)https:/exceed-all.siteの状態にしてインポートをおこないます。

(3)同じドメインにもインポートがおこなえます
(3-1)独自ドメインのsslL化WordPressのssl化表示設定パーマリンク設定を(例)https://rewarding-rim.comでおこなっていた状態でエクスポートをおこなった場合は、

(3-2)インポート先のhttps://rewarding-rim.comに独自ドメインのsslL化WordPressのssl化表示設定パーマリンク設定をおこなってから(3-3)(例)https://rewarding-rim.comの状態にしてインポートをおこないます。

(4)ssl化をおこなっていないドメインからssl化をおこなっているドメインのインポートの場合
(4-1)(例)https://rewarding-rim.comの状態でエクスポートをおこなった場合は、

(4-2)(例)http:/exceed-all.siteにインポートをおこなってから独自ドメインのsslL化WordPressのssl化表示設定パーマリンク設定をおこなって(例)https:/exceed-all.siteにした方が無難だと思います。

All-in-One WP Migrationを利用してインポートをおこなう手順

手順1:インストールをおこなったWordpressもしくは既に記事の投稿をおこなっているWordpressを用意してください。

(1-1)以下はWordpressのインストールをおこない独自ドメインのssl化とWordpressの設定の一般からhttpからhttpsに変更をおこなってパーマリンクも投稿名に変更をおこなった状態です。

(1-2)記事を一つ投稿してインポートがおこなわれても投稿記事(この記事は上書きされても残る?残らない?)がなくならないのかをテストもついでにおこないます。インポート後の結果は手順18をご覧ください。

 

 

手順2:インポートをおこなうWordpressのダッシュボードにログインをおこなってください。

 

手順3:All-in-One WP Migrationプラグインのインストールをおこないます。プラグインと表示がされている部分にマウスを近づけると(A)インストール済みプラグイン(B)新規追加(C)プラグインエディッターという表示が出ますので(B)新規追加クリックしてください。

手順4:All-in-One WP Migrationの検索をおこないます。画面右側のプラグインの検索という項目にAll-in-One WP Migrationという文字を入力ををこなってください。

手順5:All-in-One WP Migrationが表示されたら、All-in-One WP Migrationの右上の今すぐインストールをクリックしてください。

手順6:インストールが完了すると有効化という表示がされます。有効化をクリックしてください。

手順7:有効化をクリックするとAll-in-One WP Migrationの利用が可能となります。

手順8:左側に表示がされたAll-in-One WP Migrationという表示にマウスのカーソルを合わせると(A)エクスポート(B)インポート(C)バックアップという表示がでますので(B)インポートをクリックしてください。

 

手順9:インポート画面が表示されます。インポート元をクリックしてください。

 

手順10:ファイルをクリックしてください

手順11:ファイルのアップロードをおこなう画面が表示されます。エクスポートをおこなったファイルを探します。ダウンロードをクリックしてください。

 

手順12:エクスポートをおこなったファイルを発見したらファイルをクリックしてください。

手順13:インポートが開始されます

手順14:インポートが終了するとインポート処理により、データベース、メディア、プラグイン、テーマを含むサイトのデータが上書きされます。という表示がされます。開始をクリックしてください。

手順15:インポートが完了しました。完了をクリックしてください。

手順16:WordPressのダッシュボードからログアウトがおこなわると思います。今後Wordpressのダッシュボードにログインをおこなう場合は、エクスポートをおこなったWordpressのログインIDもしくはメールアドレスとパスワードでログインをおこなってください。

 

手順17:インポートをおこなったWordpressのダッシュボードにログインをおこなって(1)必要なテーマのインストール(2)必要なプラグインのインストールなどをおこなってください。

手順18:インポートをおこったhttps:/exceed-all.siteの投稿一覧を確認してみます。エクスポートをおこなった内容はありますが、インポートをおこなう前に投稿をおこなった記事(この記事は上書きされても残る?残らない?)はありませんでした。データベースが上書きされてるようです。

ただ今回の手順で復旧ができる、移行が出来るという部分に関しては問題はなさそうです。

WordPressの表示がされない場合や編集画面のプレビューで記事内容が表示がされない場合

(1)テーマを含めてエクスポートをおこなった場合、インポート側をおこなった後のWordpressでテーマが破損されWordpressのトップ画面や各ページの画面が表示されない場合があります。外見➡テーマで確認をおこなってみてください。テーマが破損されていた場合は別のテーマに切り替えてみてください。その後に破損したテーマは表示が消えますので、破損したテーマを再度インストールされて有効化をおこなってみてください。

(2)プラグインを含めてエクスポートをおこなった場合、インポート側をおこなった後のWordpressでプラグインが破損されトップ画面や各ページの画面が表示されない場合があります。破損したプラグインがあったという経験はありませんが可能性があります。原因が解明できない場合はこちらの方法を試してみてください。

その場合はインポートをおこなった側のWordpressでプラグインを無効化にしてから表示を確かめてみてください。表示が確認できたら、その後にプラグインを再度インストールをおこなって有効化にしてみてください。

(3)プラグインを含めてエクスポートをおこなった場合、インポート側をおこなった後のWordpressのトップ画面や各ページの画面が表示されない場合があります。エクスポートをおこなったWordpressのPHPバージョンが7シリーズ(例)7.4の場合はプラグインは問題なく動作していたが、インポートをおこなったWordpress側のPHPバージョンが8シリーズ(例)8.0の場合はプラグインが動作しない場合もあります。プラグインを無効化にしてから表示を確かめてみてください。

(4)エクスポートをおこなったWordpressにReally Simple SSLというプラグインを利用されていた場合、インポートをおこなった後の編集画面などからプレビューをおこなっても記事の内容が表示がされない場合があります。

インポート先のWordpressにReally Simple SSLのインストールをおこなえば編集画面などからプレビューで記事内容が表示できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました