ロリポップ(LOLIPOP)とドメインキング料金機能比較

ロリポップ(LOLIPOP)とドメインキング(DOMAINKING)の料金機能比較

レンタルサーバーのロリポップとドメインキング(DOMAINKING)の比較しています。ロリポップ(LOLIPOP)とドメインキング(DOMAINKING)は2社とも同じ会社のグループですが2つのレンタルサーバーのWEBデザインを見ると傾向が違っています。

@WAPPYはGMOグループのGMOクラウドWESTという会社でしたが、ドメインキング(DOMAINKING)の場合、GMOクラウドWESTの親会社GMOクラウド株式会社のサービスです。元々はどこかの会社のレンタルサービスだったのかという情報を得ることは出来ませんでした。

 

上記の画像はドメインキング(DOMAINKING)トップページの一部です

初期費用、月額費用、転送量、ドメイン設定、PHP、データベース、CMSなどの比較

ロリポップと比較を行うために、基準を作成しドメインキング(DOMAINKING)比較を行っています。

レンタルサーバー名 所属 レンタルサーバー利用の説明について
ドメインキング GMOクラウド株式会社 2017年10月17日のことですがドメインキングのサイト内検索の利用が出来なくなっています。また、よくある質問の表示の、「すべて表示」をクリックすると項目ごとにトップページが表示されます(1ページにトップページの一部が全部で5回表示されます)FAQとオンラインマニュアル、ダウンロードマニュアルの閲覧は可能です。
ロリポップ GMOペパボ株式会社 説明が多い

 

ドメインキング(DOMAINKING)の料金、機能について

お試し利用:ありません

お支払い方法:■銀行振込 ■クレジットカード決済

料金の表示については、すべて8%の税込価格です。

初期費用

プラン名 Sプラン Lプラン Mプラン
全プラン一律 1,080円(税込)

月額費用 最低契約は1か月間、長期契約は12か月間となります。
*税抜と税込の料金表示がありました。以下の価格に初期費用は含まれておりません。

6か月、12か月の契約で

Lプラン(500円税抜→400円税抜)Mプラン(1200円税抜→800円税抜)割引になります

1:プラン名 Sプラン Lプラン Mプラン
1か月間 108円(税込) 540円(税込) 1,296円(税込)
3か月間 324円(税込) 1,620円(税込) 3,888円(税込)
6か月間 648円(税込) 1,944円(税込) 5,184円(税込)
12か月間 1,296円(税込) 3,888円(税込) 10,368円(税込)
コントロールパネル PLESKを利用。PLESKは定期的(数年ごと)にバージョンアップを必要とするコントロールパネルです。バージョンアップは新しいPHPやデータベース等を利用するために行われます。(PLESKバージョン12)2017年10月17日確認

お申込みにはバージョン12がご利用出来るかと思います。数年に1回ぐらいの割合になりますが、ご自身でPLESKのバージョンアップをされるか、有料でドメインキング運営側に1回6,000円(税抜)で委託を行いバージョンアップを行います。(こういったサービスは滅多にありません特殊です)

この話は例としてですがPHP8.0等が導入された場合、PLESKのバージョンアップを行わないと利用が出来ないといったトラブルも出てきます。

全体の容量 20GB 100GB 200GB
転送量 転送量は無制限という表示は見当たりませんが以下の内容が記載されていましたので無制限だと思います。

明確な制限値は設けておりませんが、サーバー機器、ネットワーク機器に過大な負荷を与えた場合は、一時利用を制限させていただくことがございます。予めご了承ください。

アクセスが増加した場合 ありません
設定できる独自ドメイン数 無制限 無制限 無制限
ドメインキングの説明によるとマルチドメインという表示になっています。説明内容「ご契約の1プランで複数のドメインを設定・管理できる便利な機能」という説明になっていますが、他社でも1つのプランで複数の独自ドメインの設定が可能なレンタルサーバーは多くあります。*ロリポップも出来ます(独自ドメインとドメインは同じ意味です)
独自ドメインのサブドメイン 10個 無制限 無制限
PHP CGI版・FastCGI版・モジュール版の利用が可能
PHPの詳細ついては下に項目を設けてあります
CGI(Perl) 利用が可能です
Perlの詳細については下に項目を設けてあります
SENDMAIL 利用が可能です
データベース作成数 1個 5個 10個
データベースについては下に項目を設けてあります
Ruby 説明がありません
Python 利用が可能です
cron 利用が可能です
共有SSL 利用が可能です(独自ドメインでも利用が可能等の説明はありません)別途費用はかかりません
専用SSL 3種類 別途料金 年間10,800円(税込)~(独自ドメインでも利用が可能等の説明はありませんが独自ドメインは可能だと思われます)
CMSについて wordpressやそのほかのCMSの自動インストールが可能、CMSについての説明があります。使用権は発生しません。別途費用はかかりません
セキュリティについて CMS、WordPressのセキュリティの話になります。
WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)を利用(こちらは別途の料金がかかりません)
SiteLock 4種類 月額費用378円(税込)~
FTP 利用が可能です
ファイルマネージャー 利用が可能です
回線速度 説明がありません。ホームページ(WEBサイト)の表示スピードにも関係がありますが表示速度の安定性などにも関係があるようです。また管理側(ホームページに関する操作をされたり)する方にも関係があります。
サーバー 国内
表示・処理ソフトウェア FastCGI版・モジュール版・ZendOptimizer
*ホームページ(WEBサイト)の表示スピードとプログラム処理のスピード対策として何かあるか?といった項目です。
表示・処理ハードウェア 説明がありません。
*ホームページ(WEBサイト)の表示スピードとプログラム処理のスピード対策として何かあるか?といった項目です。こちらはSSDなど実際に物として手で触れられる実態ものです(ハードディスクなどもハードウェアになります)

ロリポップ(LOLOPOP)の料金、機能について

お試し利用:無料で10日間ご利用が可能です。その後、ご利用される場合は契約を行うか
判断することが出来ます。

お支払い方法:■銀行振込 ■コンビニ決済 ■クレジットカード決済 ■郵便為替
■おさいぽ携帯決済

料金の表示については、すべて8%の税込価格です。

プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
初期費用 1,620円(税込) 1,620円(税込) 1,620円(税込) 3,240円(税込)

月額費用 各プランとも1か月ごとのお支払いが可能です。
最低契約は1か月間、長期契約は36月間となります。

以下の価格に初期費用は含まれておりません。プランの契約期間により割引があります。
詳しくはエコノミープラン料金計算ライトプラン料金計算スタンダードプラン料金計算エンタープライズプラン料金計算をご覧ください

プラン名 エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
1か月間 108円(税込) 324円(税込) 660円(税込) 2,484円(税込)
3か月間 324円(税込) 972円(税込) 1,944円(税込) 7,452円(税込)
6か月間 648円(税込) 1,620円(税込) 3,240円(税込) 12,960円(税込)
12か月間 1,296円(税込) 3,240円(税込) 6,480円(税込) 25,920円(税込)
コントロールパネル ロリポップのオリジナルになります。ロリポップではユーザーパネルという名称です。
全体の容量 10GB 50GB 120GB 400GB
転送量 40GB/日 60GB/日 100GB/日 無制限
アクセスが増加した場合 スタンダードプランとエンタープライズプランでは同時アクセス数拡張機能というサービスがあります。
設定できる独自ドメイン数 20 50 100 無制限
独自ドメインのサブドメイン ドメイン毎に10 ドメイン毎に300 ドメイン毎に
500
ドメイン毎に
500
PHP CGI版の利用が可能 CGI版・モジュール版の利用が可能
PHPの詳細ついては下に項目を設けてあります
CGI(Perl) 利用が可能です
Perlの詳細については下に項目を設けてあります
SENDMAIL 利用が可能です
データベース作成数 利用不可 1個 30個 100個
データーベースの詳細ついては下に項目を設けてあります
Ruby ver1.9 ・ ver2.0
Python ver2.7 ・ ver3.4
cron 1(5分間隔) 5(5分間隔) 10(1分間隔) 10(1分間隔)
共有SSL エコノミープランではご利用が出来ません。その他のプランは利用が可能。
また、HTTP/2という機能のご利用もできます。こちらは表示のパフォーマンス改善が期待できる機能です(独自ドメインでも利用が可能)別途費用はかかりません
専用SSL ライトプラン以上での利用が可能になります。グローバルサイン社 別途料金 年間41,040円(税込)また、HTTP/2という機能のご利用もできます。こちらは表示のパフォーマンス改善が期待できる機能です(独自ドメインでも利用が可能)
CMSについて wordpressやそのほかのCMSの自動インストールが可能、CMSについての説明があります。使用権は発生しません。別途費用はかかりません
セキュリティについて CMS、WordPressのセキュリティの話になります。WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)を利用。アップロードファイルウイルスチェックというサービスもあります。2つとも別途費用はかかりません
FTP 利用が可能です
ファイルマネージャー 利用が可能です
回線速度 1000Mbps
サーバー 国内
表示・処理ソフトウェア CGI版・モジュール版(独自開発を行ったようで37倍速いという説明になっています)・HTTP/2
表示・処理ハードウェア SSDを導入予定だそうです。SSDはHDD(ハードウェア)より処理速度が速いのが特徴です

 

ドメインキング(DOMAINKING)のPHP、データーベース、Perlの詳細

今回は、ドメインキングでダウンロードが出来る一目で分かる機能一覧表という説明ファイル等の記載も含めて解説をしています。

PHPについての情報
PHPのバージョン:5.3.x / 5.6.x / 7.0.x / 7.1.x

PHP処理1:CGI版のご利用が可能です。

PHP処理2:モジュール版(処理の高速化)のご利用が可能です。

スクリプト  PHP 5(Apache モジュール版) PHP 7 または 5(いずれも Apache モジュール版)を選択して利用できます。

PHP処理3:FastCGI(処理の高速化)のご利用が可能です。

PHP 7/5(FastCGI 版) PHP 7 または 5(いずれも FastCGI 版)を選択して利用できます。

PHPの変更:FAQとオンラインマニュアル、ダウンロードマニュアルの件名等で確認しましたが見当たらなかったので、サイト内検索が可能になった場合は再調査を行います(2017年10月17日づけ)

PHPの切り替えについて:再調査

PHPのファイルアップロードサイズ:再調査

PHPのphp.iniの対応について:再調査

PEARのパッケージ:再調査

データーベースについての情報
データベースの種類:MySQL:5.1.x / 5.6.x PostgreSQL:8.1.11

データベースの形式:再調査

データベースの容量:再調査

CGI(Perl)についての情報
Perlバージョン:5.10.x

SUEXECについて:再調査

SSI利用の際の制限:利用が可能です

ZendOptimizerについての情報

ドメインキングに記載されているPHPのコードを自動的に最適化し、スクリプトの実行を高速化させる機能ということで、こちらはドメインキング内ではなくZendOptimizer自体を調べてみました。こちらで配布されているものです 別の件で137件のレンタルサーバーを調べていますがZend Optimizer を採用しているレンタルサーバーは見たことがありませんので、それほど良い機能ではないと思います。

ロリポップ(LOLOPOP)のPHP、データーベース、Perlの詳細

PHPについての情報
PHPのバージョン:5.6.x / 7.0.x / 7.1.x

PHPの最新7.1の導入時期は2017年3月17日です。

PHP:CGI版のご利用が可能です。

PHP:モジュールモード(処理の高速化)のご利用が可能です(ロリポップが独自開発されたCGI版より37倍速いと説明のあるモジュール版です)

PHP:FastCGI(処理の高速化)のご利用は不可能です。以下の表はロリポップに記載されていた表です。

項目 モジュール版 CGI版
実行プロセス Apacheのプロセス PHPのプロセス
レスポンス 高速 低速
php.ini ×
プラン スタンダード
エンタープライズ
全てのプラン

PHPの変更:ドメインごとに変更が出来ません。
PHPの切り替えについて:コントロールパネルで切り替えが可能です。
PHPのファイルアップロードサイズ:upload_max_filesize

アップロードされるファイルの最大サイズの設定。ロリポップでは、この値を設定すると同時にpost_max_sizeも設定されます。*PHPのファイルをアップロードする際にファイルの容量が大きいという内容のエラーが出た場合はこちらを変更するとアップロードが可能になります。*設定を変えなくても、ある程度の容量のPHPファイルはアップロードが可能だと思います。

PHPのphp.iniの対応について:モジュール版の場合はご利用が出来ませんがCGI版の場合は

ご利用が可能です

・mbstring関連

・session関連

・apc.enabled関連

・xdebug関連

PEARのパッケージ:

・Archive_Tar
・Console_Getopt
・PEAR
・Structures_Graph
・XML_Util

データーベースについての情報
データーベースのバージョン:MySQL5.6、SQLiteはバージョンの記載がありません

データベースの種類:MySQL、SQLite

データベースの形式:MyISAM / InnoDB

データベースの容量:プランの容量以内でご利用が可能です。またデータベースのサーバーは別にあるそうです。

CGI(Perl)についての情報
Perlバージョン:5.10

SUEXECについて:導入されています

SSI利用の際の制限:利用が可能です

セキュリティの為にSUEXECを導入していますので、SSIで実行ファイルを使用される際、以下の様な制限があります。・実行ファイルまでのパスを絶対パス(フルパス)で指定すると動作できません。上位ディレクトリを参照すると動作できません。

 

料金や機能についての説明は以上となります。
ご自身でレンタルサーバーの内容をご確認されたい方はドメインキング(DOMAINKING)と
ロリポップ!(LOLIPOP)をクリックすると公式のページをご覧になれます







コメント

タイトルとURLをコピーしました