印鑑(実印・銀行印・認印)はどこで買える?
どこで売ってる?どこで作る?の簡単な説明ページです

印鑑はどこで買える?どこで作る?どこで注文すればいい?といった簡単な内容や黒水牛(芯持ち極上)・純天然黒水牛 ・薩摩本柘・玄武(黒彩樺) ・彩樺・アグニ ・楓BLACK ・楓・黒檀・白檀・琥珀(琥珀樹脂)・パールスティック・牛角【濃色】・牛角【中色】・牛角【淡色】・牛角【純白】・マンモス【特選】・マンモス【極上】・本象牙【特選】・本象牙【極上】

おすすめ印鑑通販ショップ ハンコヤドットコム


更新日2015年9月24日


ハンコヤドットコム おすすめ理由は売り上げNO1:

ハンコヤドットコムは2013年7月1日〜2014年6月30日※「帝国データバンク」アンケート調査による
1年間の出荷実績インターネット印鑑専門店で売上げ【No.1】に選ばれています
ハンコヤドットコムの1日の注文件数は50件以上あります   5400円お買い上げで送料無料


お届けに関しては注文日から最短2日で届きます:

ネットショップで購入して開けてみたら印鑑が割れてる・・・といったお店もありますが
こちらでは対策をきちんと取っていますので問題ありません
会社設立用の印鑑・結婚した際の夫婦での印鑑・就職祝いでの印鑑の
ご購入を検討されている方にもおすすめです


ハンコヤドットコムで使用できる材質:

・チタン・黒水牛(芯持ち極上)・純天然黒水牛・薩摩本柘・玄武(黒彩樺) ・彩樺・アグニ
・楓BLACK ・楓・黒檀・白檀・琥珀(琥珀樹脂)・牛角【濃色】・牛角【中色】・牛角【淡色】
・牛角【純白】・マンモス【特選】・マンモス【極上】・本象牙【特選】・本象牙【極上】など合計29種類



■ 印鑑(実印・銀行印・認印)単体販売の説明ページ

個人実印 材質説明・価格説明・購入案内はこちらです 
ハンコヤドットコム公式ページ


個人銀行印 材質説明・価格説明・購入案内はこちらです 
ハンコヤドットコム公式ページ


個人認め印 材質説明・価格説明・購入案内はこちらです 
ハンコヤドットコム公式ページ


■ 印鑑(実印・銀行印・認印)セット販売の説明ページ

50パーセント引き 個人実印・銀行印 材質説明・価格説明・購入案内は
こちらです ハンコヤドットコム公式ページ


50パーセント引き 個人実印・銀行印・認印 材質説明・価格説明・購入案内は
こちらです ハンコヤドットコム公式ページ


50パーセント引き 個人銀行印・認印 材質説明・価格説明・購入案内は
こちらです ハンコヤドットコム公式ページ





2015年9月24日の印鑑に関する注文状況です 

実際の注文状況は、下記URLからアクセスしてハンコドットコムのトップページをご覧ください



私的な話:

私的な話ですが、仕事用で使用する印鑑を作成することになり
住んでる場所の近くに印鑑を売っている所がない、遠くで購入して取りに行くのが面倒と
時間もあまりかけられないのでハンコヤドットコムで黒水牛(芯持ち)の銀行印と実印のセットを
購入させていただきました。
印鑑を注文で作成したのは、初めてだったので現物が届いた時には、少し感動もあり
人気のショップ店でしたので何気に使っていた印鑑にも重みを感じています
絶対にとはいいませんが、注文で作ってみるのもおすすめです


価格については、高すぎる商品は買えませんが生涯に1、2回買うぐらいの物なので
価格は1万円以下という考えで購入しました。黒水牛を選んだ理由は
人気の材質の1つということです。



@個人印鑑

・実印

3,300円〜

・銀行印

2,700円〜

・認め印

2,200円〜

・実印/銀行印セット

5,780円〜

・印鑑3本セット

7,380円〜

・銀行印・認め印セット

4,780円〜

・訂正印

1,340円〜

・おしゃれはんこ

3,240円〜

A法人印鑑ハンコヤドットコム

・会社実印(法人)

3,300円〜

・角印

2,700円〜

・会社 認め印(法人)

2,200円〜

・会社銀行印(法人)

5,780円〜

・会社設立3本セット

7,380円〜

・会社設立4本セット

4,780円〜

・会社設立実印・角印セット

14,180円〜

・会社設立実印・銀行印

12,080円〜

・個人事業開業セット

12,080円〜

・先生資格印

6,300円〜

インターネットでの印鑑、ご購入をご検討されている方に
テレビでCMも実施しているハンコヤドットコムをご紹介しております
価格表示については、材質+彫る手数料が含まれています

 

印鑑材質一覧

ハンコヤドットコムで取り扱っている材質(例:個人印鑑)

黒水牛(芯持ち極上)

4,400円〜

純天然黒水牛

5,800円〜

薩摩本柘

3,300円〜

玄武(黒彩樺)

4,100円〜

彩樺

4,100円〜

アグニ

4,100円〜

楓BLACK

4,100円〜

4,100円〜

黒檀

3,300円〜

白檀

9,300円〜

琥珀(琥珀樹脂)

13,200円〜

パールスティック

5,300円〜

牛角【濃色】

5,100円〜

牛角【中色】

5,800円〜

牛角【淡色】

6,600円〜

牛角【純白】

9,400円〜

マンモス【特選】

16,400円〜

マンモス【極上】

25,700円〜

本象牙【特選】

16,400円〜

本象牙【極上】

25,700円〜

本象牙【日輪】

48,100円〜

コバルトクロムモリブデン

23,700円〜

ブラストチタン

13,390円〜

プレミアムブラック

14,490円〜

プレミアムゴールド

14,490円〜

プリズムチタン

14,490円〜

カーボン チタン

16,200円〜

CODE925シルバー

63,890円〜

かすう工房 銀符牒

7,900円〜

印鑑(実印・銀行印・認印)は
どこで買える?どこに売ってる?どこで作る?


印鑑は、最低でも1つは所持していないと日常的に困るものです
このページは印鑑の作成販売先や、印鑑に使用されている
材質名、実印を市役所に登録する際のサイズ規定・材質規定などを
簡単な説明とともに、人気印鑑販売ショップ情報を掲載しています

印鑑の販売先については、以下のようなお店で作成・販売されています
・印鑑の専門店(既製品・オリジナル品(注文して作成)
・書店(既製品のみです)
・ショッピングモール(印鑑の専門店の出店など)(既製品・オリジナル品(注文して作成)
・百貨店(印鑑専門店の出店など)(既製品・既製品・オリジナル品(注文して作成)
・商店街(印鑑専門店の出店など)(既製品・既製品・オリジナル品(注文して作成)
・インターネット通信販売(既製品・(既製品・オリジナル品(注文して作成)




既製品とオリジナルについて


印鑑には、既製品と注文して作るオリジナルの印鑑が存在します。
・既製品の特徴
価格が安い・すぐに入手出来る・大量に同じ苗字などの印鑑が存在する

・注文/オリジナルの特徴
既製品よりやや高め、注文から長くて数日かかる・同じ苗字などの
印鑑がほぼ存在しない

(1)印鑑は、防犯の観点から見ると複製品があまり出回っていない
注文/オリジナル商品のほうをおすすめします




        

印鑑素材の種類について1


印鑑に使用される材質について
認印・実印・銀行印・訂正印として使用する場合は、
基本的に変形しにくい素材をさします

例:実印・銀行印で利用する場合は、登録するためゴム印は
使用できません
ゴムの場合、変形する可能性があるためです 

市役所などでも実印を登録するための事項でも
「変形しやすい素材は登録できません」
とこの記載が書かれております
ご自身で作られる場合でも印鑑そのものが変形しにくい素材
をご利用ください

認印、訂正印の場合は利用できますが
ゴム等、比較的材質が柔らかいものは変形する可能性があるため
おすすめはいたしません




印鑑素材の種類について2


一般的に使用されている印鑑の素材について
印鑑を販売しているショップには、以下のような素材で作られております
 
 ・柘(あかね)(一般的に人気素材です)
 ・琥珀樹脂(こはくじゅし)(一般的に人気素材です)
 ・黒水牛(くろすいぎゅう)(一般的に人気素材です)
 ・オランダ水牛/牛角(一般的に人気素材です)
 ・薩摩本柘(さつまほんつげ)(一般的に人気素材です)
 ・黒檀(くろだん)
 ・白檀(しろだん)
 ・紅檀(べにだん)
 ・彩樺(さいか)(一般的に人気素材です)
 ・赤彩樺(アグニ)
 ・黒彩樺(玄武)(一般的に人気素材です)
 ・マンモス
 ・本象牙(ほんぞうげ)(一般的に人気素材です)
 ・智頭杉(ちづすぎ)
 ・楓(かえで)
 ・神楽ひのき(かぐらひのき)  
 ・斧折樺(オノオレカンバ)
 ・チタン(一般的に人気素材です)
 ・パワーストーン/宝石(水晶・黒水晶・タイガーアイなど)

 上記の素材説明などを知りたい場合は、印鑑を販売している
 ネットショップでご覧ください。 素材ごとに説明があります





印鑑の種類と作る前に知っておきたいこと


以下で認印・銀行印・実印の併用可能と記載していますが
陰影(押した際の氏名・名前などの跡)を悪用されてしまう可能性も
あるので3つとも違うものにするのが理想です。

 ■ 印鑑 認印の場合
 宅配などで使用する印鑑です 
 市町村で登録をしていない・銀行などで使用しないものです
 (銀行印・実印を使用されても可能です)

 ■ 印鑑 銀行印の場合
 銀行で銀行印鑑として使用するものです。引き落とし/ローンを
 組む際などの手続きで使用します
 ローンを組むときは実印も必要です。実印と同じ印鑑でも
 併用することは可能です

 ■ 印鑑 実印の場合
 実印は、市町村で印鑑手続きを行ったものを指します
 実印として使用する場合は規定があり、サイズに関して各市町村での
 ホームページに記載されています

 こちらでは数箇所の市役所で実印としての規定を調べてみております
 実印のサイズなどの規定には都道府県ごとに違うということは
 ありませんでした

 印鑑 実印の規定
・個人の印鑑で印影が8mm×8mmの正方形に収まるものは
 印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)

 ・個人の印鑑で印影が25mm×25mmの正方形に収まらないものは
 印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)

 ・個人の印鑑でゴム印または材質として変形しやすいものは
 印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)

 ・ふちがない印鑑は印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)

 ・15歳未満は印鑑登録を行うことはできません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)
 
 ・職業・資格・住所などを追加した印鑑は印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)

 ・その他、市長が不適正と判断しないものは印鑑登録できません
 (各市役所とも同じ内容の記載でした)


無料ブログ作成無料ホームページ作成有料WEBMALL(ウェブメール)取得ウィッグ販売制服販売メイド服販売有名校制服販売

LINK1

LINK2

LINK3

LINK4